バンド、バイク、写真、極私的日常など・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Keith the Great !
2006年02月10日 (金) | 編集 |


上の写真は「応援団・休憩室R」でお馴染みのKeithケンタローさん。その休憩室ブログがリニューアルしてから100記事目だそうだ。旧ブログから通算するとおよそ600記事という、正にエクセレントな偉業だ。
考えてみれば、自分もベースなどを好きに弾きちらかしていられるのも、Keithさんに代表される方々のおかげです。ライブレポを掲載したり、音源をMDに焼いたりと、影での努力は大変なものだと思います。誰にでもできる事ではありません。(つか、自分は金もらっても・・・すみません)ありがたい事です。
Keithさん、みんなで「応援団・休憩室R」を応援していきますから、これからもよろしくお願いしますねー!

という事で、自分のとこはどうかと数えてみたら、前の記事で200記事目でした。まぁ自分はサボりがちですが、311記事を目標に頑張っていこうかなと思っております。こちらもついでにヨロシクです。
スポンサーサイト
鶴見の夜の帝王
2006年01月31日 (火) | 編集 |

皆さんは上の写真の彼を知っているだろうか?そう、泣く子も黙るファルコン矢野(通称:矢野ちゃん)である。鶴見ではGroup1970でのギタープレイや、ロカビリーが有名だ。今回はそんな彼のステージでのカッコ良さとは別の面を見てみよう。


ここは居酒屋「和民・鶴見駅前店」。ファルコン矢野が突然店長を大声で呼びつける。
ファルコン「店長、ちょっと座れ」
店長「な、何でしょうか?」

次の瞬間・・・


うぉりゃー!
笑顔も引きつる店長・・・
原因はこびさんの頼んだフロートにアイスが入っていなかった事らしい。(^_^;)


ファルコン「次はおまえ来いっ!」
HiroJohnが指名された。他の者たちは、指名されたのが自分でなかった事で、露骨に安堵の表情を浮かべている。


そして何やら話しあう様子のふたり。
手元をよく見ると・・・


んー!?まさか・・・?

こんな感じの矢野ちゃんだが、やんちゃなイメージとは違って、人の見ていない所では「見知らぬおばあちゃんを背負って横断歩道を渡らせていた」とか「雨の日に野良猫に牛乳をあげていた」等の目撃情報にもあるように、人一倍優しいハートの持ち主なのだ。
最後にファルコン矢野のキメポーズ画像を載せておくので、携帯の待ち受けにでもして下さい。不良にからまれた時に見せると、蜘蛛の子を散らすように逃げていくらしいです・・・いや、マジで。


口癖は「っざけんなよー!」
交番前を無事通過せよ~HD誕生秘話
2005年12月28日 (水) | 編集 |
今回の記事は、OB's雑記及びタマリンゴさんに捧げます。



平成17年12月、タマリンゴこと鈴木俊輔は苦悩していた。彼の目的はただひとつ「女性にモテる事」。全ての男性の夢と言っても過言ではないだろう。それだけに決して平坦な道ではなかった。あらゆる手を使って試行錯誤するタマリンゴだったが、その結果は惨憺たるものだった。


女:「ごめんなさい、ブログでは面白い人だと思ったのに。」
タマ:「・・・・」

またある時には

女:「一歩でも近づいたら刺すよっ!」

相次ぐ失敗に、プロジェクトは暗礁に乗り上げたかに見えた。しかし、彼は諦めなかった。
ある日、自宅でテレビを見ていた彼は、とある芸人を見て思いつく。


その芸人とはHGことハードゲイである。普通の人がコスチュームを着ただけでは、只のコスプレにしかならない。しかし、彼には勝算があった。鍵を握るのは彼の特異な体型(デブ)。HGに彼の体型をプラスする事によって、新しいキャラクターを産む事ができると考えたのである。HDことハードデブの誕生の瞬間だった。
しかし、装着は困難を極めた。特に下半身は何とか着れたものの、犯罪スレスレの外観となってしまった。

スンガリーに行くには交番の前を通過していかなければならない。もし、警察の職質を受けて逮捕されるような事があれば、全ては水の泡である。そこで、ズボンとコートで偽装して通過する作戦が取られた。
いよいよお披露目の時がやってきた。銀座での試運転も成功したし、彼には自信もあった。しかし、会場に向かう彼を不幸が襲う。電車の乗り継ぎを間違えて、多摩センターまで行ってしまったのだ。宴が終わった無人の会場に行っても、何の意味も無い。彼は祈るような気持ちで東府中駅から走ったのだった。

そしてHDがコスプレの聖地スンガリーに登場。大爆笑と共に迎えられた。もちろん女性にも大人気だったのは言うまでもない。


鳴りやまぬ拍手の中、タマリンゴの頬を熱い涙が流れる。プロジェクトの成功と共に新たな伝説が産まれた夜だった。
―――――――――― 完 ―――――――――――



放映日は未定です・・・というか、本家は今日(28日)が最終回らしいです。
Happy Birthday Frank !
2005年12月21日 (水) | 編集 |


そんな訳で、今日12月21日は自分の最も敬愛するミュージシャンであるフランク・ザッパの誕生日である。生きていれば65歳で、まだまだ作品を造り続けていたと思うが、残念ながら12年前に亡くなっている。今日はCD棚にダァーっと並んでいるザッパのアルバムを端から聴いて、誕生日を祝おうと思う。(普段も良く聴いてるけど・・)
以前、ザッパに関して「沢山ありすぎて何を聴いたらよいかわからない」といったような事を言われたので、初心者にもオススメのアルバムを選んでみた。
エラく自信に満ちたタイトルだが聴いたら納得のライブ盤「 The Best Band You Never Heard in Your Life 」、ザッパ作品の中ではVocalが一番入っているスタジオ盤の「 You are what you is 」、超絶バンドの演奏に載せて政治的なメッセージを送る「 Broadway the Hardway 」の3枚です。リンク先はAmazonだけど、普通のCD屋でも売っていると思うので、興味のある人は聴いてみて下さい。歌詞の意味がわかった方が全然良いと思うので、できる事なら日本盤がお勧めッス。
The 心理テスト
2005年07月13日 (水) | 編集 |


さて、上の写真を見てどのように思ったかを選んで下さい。3択です。

A:この人いったい誰?
B:わぁーすごーい!オーシャンってキーボードも弾けるんだー!
C:感情込めて弾いているようだけど、実は「口パク」ならぬ「手パク」なんじゃないの?


診断結果
☆Aを選んだあなた・・・ごく普通の一般人です。しかし修行が足りません。今すぐ「S.O.S.」のファンクラブに入会しましょう!

☆Bを選んだあなた・・・ズバリだまされやすいタイプです。偽ブランド品や高価な英会話のテープが部屋にありませんか?このタイプの方は2005年7月の現在でも「オレオレ詐欺」に引っかかる可能性があります。「S.O.S.」のファンクラブに入会して真実を見極める力を身につけましょう!

☆Cを選んだあなた・・・なかなか鋭いタイプです。その洞察力があれば世の中をうまく渡っていけるでしょう。ただし、気づいても騙されたふりをした方が良い場合もあるので注意が必要です。そんな大人のつきあいを学ぶために「S.・・・(以下略)

あなたの診断結果は如何でしたか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。