バンド、バイク、写真、極私的日常など・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05夏ツーリング総括・前編
2005年09月05日 (月) | 編集 |
0278s.jpg
0293s.jpg

0292s.jpg
0297s.jpg

0314s.jpg
0323s.jpg

0362s.jpg
0361s.jpg

そんな訳で自分達が脳天気にツーリングなど行っている間に、アメリカには大型ハリケーンが直撃して街がメチャクチャになったり、イラクではパニックで橋から人が千人近く落ちて亡くなったりなど大変な事が起こっていたらしい。やっぱり携帯でニュースもチェックしないとダメだなぁと実感。
携帯と言えば、今回は初めて携帯からの記事の投稿をやってみたのだが、帰って家で見たら「なんだかなぁ~」(by 阿藤快)という感じだった。文章がダメなのはいつもの事だけど、写真が携帯で撮ったショボい写真なのに妙にデカく表示されてるし・・・(そういうシステムらしい)
そこで少し写真を補足して、このツーリングを総括したいと思う。
出発の日は、仕事が終わらなかったり、足りない物を買いだししたりなどしてから出たので、練馬の入口から乗ったのは午後3時頃だった。写真1は上信越道の妙高SAにて。この直後に陽が沈んで、日本海側に抜けた時は既に暗くなっていた。北陸道の小杉ICで降り、一般道を通り「雨晴松太枝浜キャンプ場」に。テントを張って落ち着いた所で氷見市に在住の澤山さんに案内してもらい夜食を食べに行く。この澤山さんという人は富山に住んでいるという理由だけで、毎年仕事中であろうが、夜中であろうが呼び出されて案内させられるかわいそうな人です。
翌朝の写真が2、3、4。朝焼けはキレイで感動したなぁ~。富山湾沿いの160号線を走って七尾へ。ここでは一人で旅している千葉のおじいさんと知り合いになった・・・と、言うより駐車場でただならぬ装備のバイクを見つけて待ち伏せして、話を聞かせてもらった。そこから249号線で珠洲方面を目指す。写真5は氷見市あたり、6は「能登島大橋」から臨む能登島、7は「ツインブリッジのと」から。8は気分良く走る自分(撮影は米本君)
眠くなったので、続きはまた次回で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>米本さん
珍しくマジ話をすると、ウチラがバイクを停めて写真を撮った場所は、あくまでも自分が「おぉー!ココ撮りたーい!」と思って停めた場所なワケで。たぶん、その「スゲーぞ!絶対撮らねば!」みたいな気持ちというか怨念(?)のような物が写真に出てるんじゃないかなぁ。自分はカメラオタクではないので技術的には大きな事は言えないけど、「これを撮りたいっ」という衝動は大事なポイントのような気がします。
「好きこそ物のナントカ~」などという言葉もありますが、ブラジル・・・いや米ちゃんも自分の凄く好きな物を撮っていけば、きっと良い写真が撮れると思いますよ。
エラソーな事をぬかしてスマンかったが、来年またよろしくね~e-94
2005/09/06(Tue) 00:37 | URL  | Andy #-[ 編集]
僕も同じ所で写真を撮ったはずなのに・・・家のパソコンにはひどい写真がてんこもり。がっかりです。
2005/09/05(Mon) 23:24 | URL  | 米本 #-[ 編集]
>37さん
いやいや、風景の綺麗な所へ行けば誰でも撮れますよ~
何度も言うようだけど、能登はサイコーv-237でした。
2005/09/05(Mon) 19:25 | URL  | Andy #-[ 編集]
感服。
いやいや、写真というのはこういうのを言うんですな。
旅の楽しさが伝わってくるですよ。

私のみたいなあんな写真を大きく画面に写しちゃいかんですね。
とはいえ、今更背伸びしてもしょうがなさそうなので
美しくないなら、ないで開き直って今まで通りいこうと思う反省v-145の私。

足らないところははv-42でカバーだっ。
2005/09/05(Mon) 18:51 | URL  | 37 #-[ 編集]
>さむさん
本日はお疲れ様でした!すごい雨でしたが、無事に帰れたようですね~
自分は帰りに色々あったので、眠いと言いながらもう一つ記事を書いてしまいました(-_-;)
2005/09/05(Mon) 05:19 | URL  | Andy #-[ 編集]
やっほー!
ついに写真登場ですね!続きも楽しみにしてま~す(^o^)!
2005/09/05(Mon) 04:21 | URL  | さむ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。