バンド、バイク、写真、極私的日常など・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙と友情のDVD
2006年06月10日 (土) | 編集 |
この話はフィクションで人物は実在しません・・・ええ、そうですとも。

あれは先週末の出来事でした。子ども会の遠足で動物園へ行った我々は、子ども達を帰した後、男性店員だけが働いているマクドナルド(通称:ホモマック)でダラダラと時を過ごしていたんです。

その時のメンバーは、37さん、Mr.ブラジ・・・いや米本さん(日本人です)、せーあんさん(奇特な言動で近所でも有名な方)、ハナ子さん(仮名)、そして自分という微妙に濃い顔ぶれの5人。
ホモマックの店内でとりとめのないバカ話に花を咲かせていた時に、何故かハナ子さんがエロいという話題になりました。
このハナ子さんという方は妙齢の女性なのですが、良く言えば「清潔感のある」、悪く言えば「その辺を歩いている小学生の方がまだ色気がある」といったエロとは無縁に見える方なんです。そのハナ子さんが実はエロい妄想にとりつかれているという疑惑が浮上したので、その場にいた全員が大爆笑。ありえねー!
しかし、人は見かけによらないものです。このハナ子さんは常日頃「資産家のイケメンにナンパされてウッシッシ・・」といった、脳に虫が沸いているような夢を見ている人ですから、その延長でエロい妄想をふくらませていたとしてもおかしくありません。激しい追求が続きました。
その時です。ハナ子さんが机をバーンと叩いて立ち上がり、鼻をふくらませながら、こう言い放ったのです。

「私はエロじゃない!AVとか見た事もないしっ!」

店内はシーンとなりました。そりゃそうですよ。いくらホモマックとは言え、白昼の店内で突然のカミングアウトです。店の奥の方にいたお母さんなんか小さい子どもの耳をふさいでいました。

それでエロ疑惑は一応終わったのですが、ここで新たな問題が発生。ハナ子さんも将来のある女性です。この先まかり間違って結婚とかするかもしれません。その時に備えエロに免疫をつけておく必要があります。
しかも先程の台詞「AVとか見た事もない」は裏を返せば「AV見てみたーい!」という真情の吐露に他なりません。
これは放っておけないと見た男4人が瞬時にアイコンタクトをとります。

37 「それじゃ、やりますかー」 (心の中の声)
せーあん 「おう、やるぜっ!」 (心の中の声)
俺 「もちろんだとも!」 (心の中の声)
米本 「やるジル!」 (なぜか大声)

そう、AVを見た事がないけど見たいと切望しているハナ子さんの為にエロいDVDを購入してあげる事にしたのです。友情って美しいね。
すぐ近くにあるBookoffに移動。普段、普通のCDとかDVDを買っている皆さんはご存じないでしょうが、BookoffにもAVコーナーは存在しているのです。
そのAVコーナーでエロいDVDを物色しようとしたのですが、肝心のハナ子さんが魅惑のコーナーに近寄ってこないんです。日曜の夕方という時間帯だったので人が多かったのもあり、恥ずかしかったのかもしれません。
そこは心優しい男4人組の事です、抜かりはありません。オススメのDVDを一般の書籍の棚に移動するという超法規的措置で解決しました。これなら普通に小説とかを選んでいるようにしか見えないという、ドクター中松でも考えつかないようなグッドアイデア。
ただ他の客が来た場合には気をつけなくてはなりません。「さくらももこ」のコーナーに「女教師~」とか「変態プレイ~」等のタイトルが並んでいるのです。正にデンジャラスを超えて犯罪レベルとしか思えない。たまにそばを通る店員もいるので万引き以上に細心の注意を払っての行動です。
まぁそんな我々の血の滲むような努力の甲斐あって、1本の中古エロDVD(ソフトめ)をチョイスする事ができました。もちろんレジに持っていって購入したのは米本君でしたが。

さて店外に出て、ブツの贈呈式です。主役であるハナ子さんはキョロキョロと辺りを見回しながら、何故か困惑したような表情でしたが、たぶん照れ隠しだったのでしょう。一刻も早くエロDVDを見たいというハナ子さんの心中を察して、贈呈後は速攻で解散となりました。
帰路に着く我々の顔はきっと善い事をした後の達成感で輝いていたと思います。爽やかな風がそよそよと流れる6月の夕暮れでした。


贈呈された品を大事そうに抱えるハナ子さん(本人の希望で目線を入れてます)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
配管技能士
配管技能士とは、職業能力開発促進法に基づいて、厚生労働省・都道府県、およびその委託を受けた職業能力開発協会が実施する配管技能検定試験の合格者に与えられる称号 http://fairish.markjacobsesq.com/
2008/11/03(Mon) 16:05 | URL  |  #-[ 編集]
クライミングガイド
クライミングの検索サイト。ロッククライミング、フリークライミング、インドア、クライミングジム、シューズなどクライミングに関する各種情報をお届けしています。 http://daemon0.atmormortgage.com/
2008/08/24(Sun) 01:18 | URL  |  #-[ 編集]
>37さん
喜んでいただき、ありがとうございます!
でも、やはりこのネタはハナ子さん無しでは成り立たなかった訳で、そういった意味でも彼女に感謝です。あっ、あくまでもフィクションで、事実はカケラもありませんけどね~v-411

>名無しさん
世の中には2種類の人がいます。オモシロイ人とそうでない人です。
ハナ子さんという人は間違いなくオモシロイ方の人なんですが、実際に会ってみないと面白さが伝わらないかもしれません。
是非、名無しさんにもハナ子さんを紹介してあげたいですよ。破壊力抜群ですから。きっと虜になってしまいますよ~v-15
2006/06/11(Sun) 00:46 | URL  | Andy #-[ 編集]
だあぁぁぁ~!
な、なんじゃこりゃあぁ!
初めの6行くらいまでは笑いながら読んでいましたが、
中盤後半と進むにつれ笑い声が悲鳴に…

はっ。
い、いやあ、世の中にはオモシロイ人もいたもんですねー。
そりゃあもう贈呈するほうもされるほうも、
さぞかし貴重な体験になったのでしょうね。
もうおかしくておかしくて、最後まで一気に読んでしまいました。

え?名前入れ忘れてる?
なんてつっこまないでねー…。
2006/06/10(Sat) 23:06 | URL  |  #-[ 編集]
くすの木・フィクション。
いやぁ、笑った笑った。
大声あげながら読ませてもらいました。

1ヶ月分のブランクを補うかのような
素晴らしい文章でした。

読んだ後まぶたを閉じると、
あの時の情景がまざまざと甦って・・・
こ、来ないっスよ。
フ、フィクションっスから。
2006/06/10(Sat) 17:50 | URL  | 37 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。